「子供をいつから塾に通わせた方がいいのか知りたい」

「塾に通い始めるタイミングはいつがベスト?」

このように、お子さんをいつから塾に通わせようか悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

そこでこのコラムでは、塾に通い始めるタイミングについて目的別ごとに解説します。

小学生・中学生・高校生のそれぞれ、状況別におすすめのタイミングをまとめました。小中高生をいつから塾に通わせるか悩んでいる方はぜひご一読ください。

アガルート学習コーチング

こんなお悩みありませんか?

「勉強はしているのになぜか成績が上がらない…」
「自分に合った勉強方法が見つからない…」
「どこが分からないのか、が分からない…」
「塾に行っている時間しか勉強しない…」
「塾では自分に合った勉強法を教えてくれない…」
「塾に行っているのに最近成績が下がってきた…」

アガルート学習コーチングなら、そのような勉強のお悩みを解決できます!

あなた専属のコーチがオンラインでマンツーマン指導

「毎日」学習の進捗状況を確認

定期的な学習計画の見直し・課題作成

アガルート学習コーチングは1人1人に合った勉強法・学習習慣を確立させ、内申点アップ、志望校合格など目標達成へ導きます。

「集団塾や個別指導に通っても、成績が伸びない」

「自分に合う勉強法を知りたい」

「自分のペースで勉強したい」

などという方に、特におすすめのサービスです。

「90日間」で成果が出せる!

アガルート学習コーチングの継続率は91.7%。

受講生の9割以上が「勉強量が増えた」「勉強方法が分かった」など、コーチングによるプラスの変化があったとアンケートに答えています。「90日間」で成果を出せるのには理由があります。

なお、アガルート学習コーチングでは、入会金、管理費、教材費、講習代などの費用は一切不要。毎月末に翌月以降の実施を判断することができるので、お気軽にお申込みいただくことができます。

あなたに合った勉強法を教えます!

いつから塾に通うべき?目的別開始時期

塾に通い始めるベストなタイミングは「目的」によって異なることを覚えておきましょう。

目的は、受験対策・テスト対策・成績アップ・勉強習慣など状況に応じてさまざまな場合が考えられます。

そこでこちらでは、塾に通う目的ごとにおすすめの開始時期を解説します。

受験対策の場合

受験には中学受験・高校受験・大学受験の3種類があるため、塾に通い始めるベストなタイミングがそれぞれ異なります

中学受験の場合は、多くの塾では中学受験対策のカリキュラムが小学4年生から始まるので、そのタイミングだと通いやすいでしょう。

高校受験の場合は、志望校によっては内申点が重要になりますので、学校の成績を落とさないためにも、出来るだけ早く塾に通うことが有効的だと考えられます。

大学受験も受験方法が複数あることや、基礎学力の定着が求められることから、部活を引退してからではなく、出来るだけ早くから通うと余裕を持って対策をすることが可能です。

詳しくは次の章から解説しますので、気になる方はぜひ読み進めてみてくださいね。

テスト対策や学校成績アップ目的の場合

学校のテスト対策や成績アップのために塾へ通う場合は、基本的にどの時期に塾に通いはじめても問題ありません

これらが通塾の目的の場合は、決められたカリキュラムがあるわけではないためです。

学年に限らず2〜3月から通い始めれば、新学年の授業内容を先取りで学習することができるため、学校の授業に遅れる前にお子さんを塾へ通わせたい方は、この時期に入塾するのがおすすめですよ。

特に中学生の場合は、学校の成績が受験に大きな影響を与えますので、早い時期から塾に通うことで、学校の成績をアップさせるためだけでなく、将来的に高校受験対策としても有効と言えます。

学校の授業についていくことが目的の場合

お子さんと話していて学校の授業についていけていない、と感じたら塾に通い始めることをおすすめします。

学校の授業やクラス単位で授業を行う塾の場合は、分からないことがあっても自分のタイミングで質問しにくかったり、授業時間内に理解しきれない場合もありますよね。

個別指導塾など学習塾によっては生徒の状況に合わせて指導してくれるほか、先生に質問しやすい環境が整えられているため、分からないことがあったらその場で解決できるのがメリットでしょう。

お子さんの性格や授業の理解状況によって、個別指導塾かクラス単位で授業を行う塾かを選んであげると良いですよ。

勉強する習慣を身につける目的の場合

勉強する習慣を身につけたいけど身についていない場合は、早ければ早いほどいいです。

小学生や中学生に上がったばかりのお子さんの場合は、勉強する習慣が身についていない場合も多いでしょう。

できるだけ早い時期から勉強する習慣が身につけられていたり、勉強に対する苦手意識が払拭できていれば、将来的に受験勉強が本格化してからも、前向きに勉強に取り組むことができますよ。

特に中学生になると、授業内容が小学生の頃とは大幅に異なることや、定期テストに向けた勉強など、慣れないことが多く、学校の授業に遅れを取る可能性もあります。

そこで塾に通うことで、自然と勉強する習慣を身につけられたり、家ではうまく勉強に集中できないお子さんも勉強しやすいかもしれませんね。

ただし学校の勉強で問題がない場合は、一度家で勉強する癖をつけられないか、試してからでもいいかもしれません。

関連コラム:勉強を習慣化させるコツ5つ!中学生・高校生の保護者ができることとは?

小学生の場合

小学生の場合は、中学受験をするかどうかで、ベストなタイミングが異なります。

そのため中学受験をする場合、しない場合のそれぞれについて見ていきましょう。

中学受験をする場合

中学受験をしようと思っている場合は、小学4年生の間に塾に通わせるのがベストなタイミングだと言えます。

多くの塾では、小学3年生の2〜3月からや小学4年生の2〜3月から中学受験用のカリキュラムが用意されているからです。

小学5年生以降からでも中学受験のために入塾することは可能ですが、お子さんが塾の環境に慣れたり、勉強する習慣を身につけるのには時間が必要です。

ですので、中学受験をするつもりであれば、できるだけ早くから塾に通うことで余裕を持って中学受験対策をすることができますよ。

関連コラム:中学受験はいつから準備するべき?塾に通わせるベストタイミングとは

中学受験はしない場合

中学受験をしないのであれば、授業についていけている、成績も問題ないのであれば、そこまで焦らなくてもよいこともあります。

授業が理解できなくなってきている、と感じたら塾に通い始めることをおすすめします。

幼い頃から勉強する習慣を身につけられれば、将来的に学校の勉強が難しくなっても前向きに勉強に取り組めるでしょう。

特に小学3〜4年生に上がると、社会や理科が増えたり算数の難易度が上がることから、学校の授業についていけないお子さんも増えてくる可能性もあります。

このように、中学受験対策以外の目的で塾に通う小学生も多いため、学校の成績アップができるようサポートしてくれる塾も多くありますよ。

しかし、小学生は勉強だけでなくさまざまなことに興味を持ちます。

そのため勉強することを強制したり、塾へ通いたくないとお子さんが希望する場合は、意見を尊重してあげることも大切ですよ。

中学生の場合

中学生の場合は、高校受験で難関校を目指す場合と、それ以外の場合でライミングが異なります。

それぞれについて、ベストな通い始めるタイミングを見ていきましょう。

高校受験でレベルの高い難関校などを目指す場合

高校受験でレベルの高い難関校を目指す場合はできるだけ早く、遅くとも中学2年生の2〜3月までに入塾することがおすすめです。

中学生に上がると、高校受験に向けて塾に通うお子さんも増えると思います。

難関校の入試問題は私立高校よりも応用的な問題になっている可能性が高いでしょう。

そのため、よりレベルの高い学校に挑戦するつもりであれば、早い時期から塾に通って基礎学力を高めておく必要があります。

塾に通ったら、まずは勉強する習慣を身につけて、学校の授業内容をしっかりと定着させます。

そして、難関校の入試に対応できるよう、応用問題にも触れておくとなお良いですよ。

それ以外の場合

高校受験をするけれど難関校ではなく私立高校を受験する予定の場合や、中高一貫校で高校受験をしない場合などは、お子さんが学校の環境に慣れてから塾に通わせたり、学校の授業が難しいと感じたらすぐに通塾を検討すると良いでしょう。

中学校に入学してからは学校生活に慣れることも必要です。

私立高校の入試には複数の入試形態がありますが、主に一般入試や推薦入試(単願・併願)がメインになります。

一般入試は試験当日の学力で合否が決定するため難易度が高いですが、推薦入試の場合は内申点と呼ばれる中学校の成績が基準値をクリアしていれば、高い確率で合格することができます。

そのため難関校志望でなくても、推薦入試を利用しようと思っている場合は、遅くとも中学2年生から塾に通って学校の成績をキープすることがおすすめです。

高校生の場合

高校生の場合は、大学受験で国公立・私立、難関校を目指す場合と、それ以外の場合でライミングが異なります。

それぞれについて、ベストな通い始めるタイミングを見ていきましょう。

国公立・私立、難関校を志望する場合

大学受験のために塾へ通う場合は高校1〜2年生の間に入塾することをおすすめします。

大学受験は高校受験と比べて、入試形態や受験科目などの条件が志望校によって大幅に変わってきます。

大学受験の中でも特に一般入試は範囲が広いため、できるだけ早く高校の学習内容を終えて入試対策をするべきと言えます。

また、私立難関校や国公立の場合は私立大学と比べて受験科目が多く、入試問題の難易度も高くなりますので、より早い対策が求められます。

一般入試の試験問題は学校によって傾向や出題方式が異なるため、過去問を繰り返し解くことが有効な対策になります。

学習塾によっては難関校の大学受験に特化したカリキュラムが用意されている場合がありますので、お子さんの志望校に合わせて塾を選んでみてくださいね。

関連コラム:大学受験のために塾はいつから行けばいい?塾に行き始める時期別注意点も解説

それ以外の場合

大学受験には一般入試のほかに、指定校推薦入試・AO入試など複数の推薦入試方式があります。

推薦入試では面接と小論文によって合否が決まるので、面接や小論文の対策ができる塾を選ぶようにしましょう

また、指定校推薦などでは学校の成績の評定平均が重視されたり、出席日数や学校での実績が合格に必要な要素になります。

そのため、より確実に推薦入試をクリアするためにも学校の成績をキープしたいという場合は、高校1〜2年生の早い時期に塾に通うことをおすすめします。

学校の授業についていけなくなってから塾に通うことも間違いではありませんが、分からない箇所を理解してから学校のテスト対策を行うと、スタートダッシュが遅れてしまう可能性もあるので注意が必要です。

関連コラム:総合型選抜(AO入試)で評定は合否に関係する?低くても受かる方法も解説

まとめ

このコラムでは、塾はいつから通うのがベストかについて、小中高生それぞれで解説しました。

塾に通う目的は受験対策だけでなく、学校のテスト対策や勉強の習慣を身につけるためなどさまざまあります。

どのような目的であっても塾に通い始めたら、まずは勉強する習慣を身につけてからそれぞれの対策カリキュラムをこなすことになるでしょう。

そのため、ギリギリの入塾では思うように成績が上がらない可能性もありますので、注意が必要です。

アガルート学習コーチングなら、学習習慣を身につけて成績アップができるため、できるだけ早い時期から利用することがおすすめです。

お子さんの勉強習慣を身につけたくて学習塾を探している方は、ぜひ利用を検討してみてくださいね。

関連コラム:塾に行っても成績が上がらないのはなぜ?原因と解決策を解説

アガルート学習コーチング

毎日プロコーチが学習進捗を把握、オンライン上でマンツーマン指導

無料受講相談で1人1人に合わせた学習計画を作成します!

学習コーチングとは?何がいいのか、1週間の無料で体験してみよう!

安心の月謝制・入会金なし

この記事の著者 知崎 ユイ

自身も中学受験を経験。

学生時代には塾講師として小学生から高校生まで幅広く指導を行い、
勉強だけでなく進路相談のアドバイスも担当。

現在は教育分野を中心に執筆活動を行っている。

学習コーチングについて詳しく見る