場所を問わずに受験勉強ができるオンライン予備校はますます普及しています。

とはいえ、「映像授業」や「LIVE授業」、「個別指導」など授業形式はさまざま。

そのため、「どのオンライン予備校を選べばよいのか分からない…」と困っている方は少なくありません。

そこでこの記事では、大学受験に対応したおすすめのオンライン予備校をご紹介します。選び方や注意点も解説していますので、ぜひ参考にしてください。

アガルート学習コーチング

こんなお悩みありませんか?

「勉強はしているのになぜか成績が上がらない…」
「自分に合った勉強方法が見つからない…」
「どこが分からないのか、が分からない…」
「塾に行っている時間しか勉強しない…」
「塾では自分に合った勉強法を教えてくれない…」
「塾に行っているのに最近成績が下がってきた…」

アガルート学習コーチングなら、そのような勉強のお悩みを解決できます!

あなた専属のコーチがオンラインでマンツーマン指導

「毎日」学習の進捗状況を確認

定期的な学習計画の見直し・課題作成

アガルート学習コーチングは1人1人に合った勉強法・学習習慣を確立させ、内申点アップ、志望校合格など目標達成へ導きます。

「集団塾や個別指導に通っても、成績が伸びない」

「自分に合う勉強法を知りたい」

「自分のペースで勉強したい」

などという方に、特におすすめのサービスです。

「90日間」で成果が出せる!

アガルート学習コーチングの継続率は91.7%。

受講生の9割以上が「勉強量が増えた」「勉強方法が分かった」など、コーチングによるプラスの変化があったとアンケートに答えています。「90日間」で成果を出せるのには理由があります。

なお、アガルート学習コーチングでは、入会金、管理費、教材費、講習代などの費用は一切不要。毎月末に翌月以降の実施を判断することができるので、お気軽にお申込みいただくことができます。

あなたに合った勉強法を教えます!

オンライン予備校とは

まずは、オンライン予備校について解説しています。

そもそもオンライン予備校とは?

オンライン予備校とは、インターネットを通してPCなどで授業を受けるスタイルの予備校のことです。

PCなどのICT機器と通信環境さえあれば全国どこからでも受講できるため、近年急速に普及しています。

オンライン予備校のメリットは、下記2点が挙げられます。

  • 感染症のリスクを避けられる
  • 場所を選ばずに高品質の授業を受けられる

オンライン予備校は通塾の必要がないため、感染症のリスクを避けることができ、受験前も安心して受験勉強に集中できます。

また、これまで予備校といえば都心など人口が多い場所に通う必要がありましたが、オンライン予備校は都心などに通えなくても室の高い授業を受けられる点も魅力です。

オンライン予備校の授業形式

オンライン予備校の授業形式は主に下記3つが挙げられます。

  • 映像授業
  • ライブ授業
  • 個別指導

それぞれ解説していきます。

映像授業

映像授業は、事前に収録された授業内容を学習する形式です。停止したり倍速にしたりできるため、生徒は自分のペースで学習を進められます。

また、同じ内容を何度も何度も視聴できるため、分かりにくい部分を繰り返し視聴することで、理解を深められます。

ライブ授業

ライブ授業は、リアルタイムで講師と受講生が対話しながら学習する形式です。質問や疑問を即座に解決できるため、インタラクティブな学習ができます。

また、授業のリアルタイム性がモチベーション向上にも繋がります。

個別指導

個別指導は、生徒一人ひとりに合わせたカリキュラムで学習を進める形式です。
オンラインであるため、1:1の完全マンツーマンで指導することがほとんど。弱点を重点的に克服し、目標に向かって効果的に進められます。

その他の指導には、模擬試験や学習資料の提供、進捗管理などが含まれます。これらのサポートが学習の効率化に貢献し、生徒たちの成功に繋がります。

このようにオンライン予備校には様々な指導形式があり、どのオンライン予備校が自身にあっているか判断が難しいでしょう。イメージしやすいよう、実際のオンライン予備校おすすめ6選を紹介していきたいと思います。

1.代ゼミオンラインコース

代ゼミオンラインコースは、代々木ゼミナールによる高卒生を対象としたオンラインコースです。

トップレベル(旧帝、早慶上理)、ハイレベル(筑波、金沢、GMARCH)、スタンダード(埼玉、日東駒専)の3つのレベルと国公立、私立の2タイプを掛け合わせた計6コースあります。

授業スタイル

代ゼミの学習形式としては大きく2つあります。

ライブ授業「ライブ・サテライン」

本部校代ゼミタワーの対面授業を同時中継の生配信で受講できるライブ授業です。毎週決まった時間に配信を行うので、自宅でもリズムを崩すことなく臨場感のある授業が受けられます。

映像授業「モバサテ」

スマートフォン・タブレット端末・PCで受講できる映像授業です。代ゼミは30年以上も映像授業にこだわり、自宅で対面授業さながらの映像授業を受けることができるのが強みです。

加えて、「Monoxer(モノグサ)」という記憶の定着を手助けするアプリも利用でき、すき間時間等日常生活の勉強も支援してもらえます。

料金としては国公立コースと私立コースで多少変わりますが、年間50万〜60万円程です。加えて、有料でサポートオプションをつけることも可能です。

こんな人におすすめ

代ゼミオンラインは、下記のような人におすすめです。

  • 決まった時間の配信授業を受けたい人
  • 歴史ある予備校の映像授業を受けたい人
  • すき間時間も無駄なく勉強したい人

出典:代々木ゼミナール(予備校) | 代ゼミオンラインコース

2.四谷学院オンライン

四谷学院オンラインは、大学受験を目的とした四谷学院のオンラインコースです。

授業スタイル

四谷学院では、「ダブル教育」と呼ばれるオリジナルの合格戦略が魅力。

科目毎でレベルを分けることができ、確実にレベルアップができる仕組みになっており、大きく2つの学習形式があります。

映像授業「科目別能力別授業」

「科目」ごとに基礎、標準、選抜というレベルチェックをした上でクラスを編成しています。

例えば、 国語なら、現文:選抜・古文:基礎・漢文:基礎という様に判定されます。そのため、無理・無駄なく理解力をアップし、授業にも前向きに取り組めるでしょう。

試験&個別指導「55段階個別指導」

四谷学院の代表でもある「55段階個別指導」という看板授業もオンラインで受講可能です。

受験に必要な知識やテクニックを、中1レベルからスタートし、最後は東大レベルまで到達する内容になっています。記述式の試験を解き、その場で採点し、個別で指導を受けるサイクルを繰り返すことで解答力を身に付けられます。

加えて、受験コンサルタントが常時待機するため、受験生活のサポートや学習方針のアドバイスなども定期的に行ってもらえます。

こんな人におすすめ

四谷学院オンラインは下記のような人におすすめです。

  • 段階的に学習したい人
  • 教科ごとに得意分野と苦手分野がある人
  • すでに明確な志望校がある人

出典:オンラインコース | 大学受験予備校 四谷学院 | 公式サイ

3.駿台 現役高校生向けオンライン授業

大学受験専門駿台予備学校の、オンラインコースです。

現役高校生向けオンライン授業のほか、駿台・高卒(浪人生)クラスがあります。

授業スタイル

高校生クラスでは主要41講座を、高卒クラスでは文系、理系、医学部医学科コースに分けられ計23コースが受講可能です。高校生クラスでの学習形式は大きく2つあります。

授業動画

駿台のトップ講師陣による授業を自宅で受けることができます。授業は録画配信となるので、いつでも自分の都合のいいタイミングで受講することができ、過去の授業動画に遡ることもできます。

ICT教材

習熟度に合わせた専用カリキュラムをAIがつくる「atama+」や分からない問題を自宅で解消し、解決してもらえる「manabo」などオンラインでの学習を支援するICT教材が多くあります。
さらに、高卒生クラスでは相談できるチャットアプリなどさらに利用できる教材が増えます。

加えて、「学習コーチング」を受けることもでき、モチベーション維持や学習法、進学相談をオンライン面談で行うこともできます。

料金としては、レベル毎で変動はありますが、高校生クラスは年間20万〜30万円程度になります。高卒生クラスでは年間の授業料が84万〜120万円となります。

こんな人におすすめ

駿台のオンライン授業は、下記のような人におすすめです。

  • 自分のペースで勉強したい人
  • 自宅学習も強化したい人
  • 医学部受験を考えている人(高卒生)

出典:現役高校生向けオンライン授業|駿台

4.東進ハイスクール在宅受講コース

東進ハイスクール(以下東進)は、東大現役合格者数日本一(全体の1/3程)であり、旧帝や医学部などトップ校に強い指導塾です。

その中の在宅受講コースでは、約1万種類の映像授業を受けることができ、自身の志望校や学年に合わせて受講することができます。

授業スタイル

東進は映像授業を中心に学習を進めます。

映像授業

すべての授業を映像配信しており、レベル・目標に合わせた最適な学習が可能です。高校入門から東大理Ⅲレベルまでの12段階のうち、自分に合ったレベルからスタートできます。

さらに高速学習で、1年分の授業を短ければ2週間~3ヵ月で修了し、志望校合格レベルまで着実に力をつけられます。

コーチングタイム

希望者は無料で、Zoomを使ったウェブ面談を受けることができ、毎月の学習進捗や、受講受講スケジュールを確認、受験に必要な情報を共有してもらえます。

加えて、東進の講師は、日本全国から選りすぐられ、人気参考書の執筆者をはじめ、何万人もの受験生を志望校合格へ導いてきたエキスパート。
授業のわかりやすさはもちろん、表面的な知識や小手先のテクニックを超えた、「なぜそうなるのか」「どう考えればよいのか」にとことんこだわる授業が、本物の思考力を養うことができます。

料金は入学金が33,000円、受講料は通期講座1講座83,000円です。なお、高2生以上は、入学時に東進模試の申込が必須です。

こんな人におすすめ

東進は下記のような人におすすめです。

  • 東大など最難関校を目指す人
  • スピード感を持って受験対策をしたい人
  • テレビなどでも人気の講師の授業を受けたい人

出典:東進ハイスクール在宅受講コース

5.オンライン予備校BLOOM

オンライン予備校BLOOM (以下BLOOM)は自学自習コンサルティング型の受験指導を行う予備校です。

授業スタイル

BLOOMでは、「受験パスポート作成コース」「マンツーマンカウンセリング」が2つあり、個別指導の有無など指導内容で分けられます。

受験パスポート作成コース

ヒアリングをしながら、習熟度や性格に合わせて受験・学習計画を立てます。

参考書、時期別の学習計画、学習方法等々を組み込んだ「受験パスポート」というシートを作成し、「何を、どこまで、どのように」学習すればいいかを明確にすることができます(1回のみ)。

マンツーマンカウンセリング

上記の受験パスポート作成に加えて、勉強の週間計画を分単位で作成することができます。加えて、各教科に対応した講師による個別指導や週1の学習カウンセリング、確認テストを受けることが出来ます。

さらに、毎日の勉強報告や相談の受付などを公式LINEを用いて受けることもできるので、受験生活のサポートや学習方針のアドバイスなども定期的に行ってもらえます。

料金としては、受験パスポートコースは月1.1万円になります。マンツーマンカウンセリングコースでは月4.4万円(+入塾金3.3万円)となります。

こんな人におすすめ

BLOOMは下記のような人におすすめです。

  • 低費用で受験勉強のサポートを受けたい人
  • 自学をメインに受験勉強を進めたい人
  • 参考書選びなどでお困りの人

出典:大学受験専門オンライン予備校『BLOOMオンライン』

6.アガルート学習コーチング

アガルート学習コーチング(以下アガルート)は、一人ひとりの特性・思考・原体験から、自分を変えることで自走して勉強できるようにコーチングという指導形式を取るオンライン予備校です。

授業スタイル

大学入試に向けては、「高校生・大学受験準備コース」「大学受験コース」があり、受験校の選定から本試験まで、個別に徹底サポートするものとなります。

学習形式は、個別指導やICT教材を用いたものがあります。

オンライン授業、面談

厳しい社内研修をクリアしたプロコーチによる完全マンツーマン指導をオンライン上で受けられます。

さらに毎月の定期面談で学習状況を共有し、指導時間外も自走できるようサポートします。

定着度をプロコーチの視点から確認し、着実な知識の定着を図ります。

加えて、毎日プロコーチが生徒に進捗をヒアリングし、学習指導を実施。保護者とも定期的に面談・共有することで、保護者の悩みも解決します。

費用は指導回数に応じた月額料金のみで、入塾金や管理費などの不明瞭な費用は一切ありません。季節講習などもないため、見通しを持って入塾できます。

こんな人におすすめ

アガルートは下記のような人におすすめです。

  • 集団指導だと質問しづらい人
  • 自分に合った学習方法で受験勉強を進めたい人
  • 学習習慣を身につけたい人

出典:アガルート学習コーチング

【オンライン予備校】おすすめ選び方

以上のように、オンライン予備校は校舎によってさまざま。そのため、オンライン予備校を選ぶ際に、迷う方は多いでしょう。

そこでオンライン予備校のおすすめ選び方をご紹介します。おすすめの選び方は下記のとおりです。

  • 費用・料金で選ぶ
  • 目的で選ぶ
  • 講師や授業形式など予備校のスタイルで選ぶ
  • いくつかの予備校の無料体験授業を受けてみる

1つずつ確認していきましょう。

費用・料金で選ぶ

オンライン予備校の授業料の費用相場は、月額1万円〜8万円程度です。大きな幅がありますが、安価なオンライン予備校を選べば良いというわけではありません。

映像授業や教科指導なしのオンライン予備校は比較的安く、教科指導に加えてコーチングなどを取り入れた指導を実施しているオンライン予備校は比較的高くなっています。

また、年間の費用を一括で支払う場合もありますので、費用・料金の支払い方は事前に確認しましょう。入塾金や教材費など、授業料以外の費用も把握する必要があります。

まずは、どこまでなら出せるのかを計算し、総合的な費用を見て検討しましょう。

目的で選ぶ

オンライン予備校に通う目的を明確にしましょう。

どの大学を志望しているのか、どの科目を特に強化したいのか、などを決めることで適切なオンライン予備校を選ぶための基準が整います。

特に難関大学を志望している方は、その大学独自の対策が必要です。オンライン予備校でも難関大学対策を行っているのか確認しましょう。

講師や授業形式など予備校のスタイルで選ぶ

先述したように、オンライン予備校にも「映像授業」や「LIVE授業」、「個別指導」などさまざまな授業形式があります。


さらに、プロ講師が多くても、合う合わないはあるでしょう。
授業形式だけでなく、講師陣のプロフィールや経歴をチェックし、専門的な知識と指導経験があるかを確認しましょう。

また、講師の変更制度や質問対応などのサポート体制も重要です。難しい箇所や疑問点に対する迅速なサポートを提供しているかどうかを確認することで、学習効果が大きく変わります。

いくつかの予備校の無料体験授業を受けてみる

絞り込んだ候補の中から、無料体験授業を受けてみましょう。

実際の授業や教材を体験することで、自分に合うかどうかを確認できます。これにより、授業形式や講師との適性度を確認し、最終的な選択を行う際の判断材料にできます。

また、複数のオンライン予備校の無料体験授業を受けることで、比較することも可能。1つの無料体験授業だけで満足せず、比較することでより自分に合うオンライン予備校を選べます。

関連コラム:【大学受験対策】高校生にオンライン塾はあり?おすすめ3選と選び方

オンライン予備校を利用する際の注意

オンライン予備校は場所を選ばずに高品質の授業を受けられる点など、多くのメリットがありますが、一方で注意点もあります。

オンライン予備校の授業は、大抵自宅で受けることになります。
オンラインで授業を受けるには、最低限のインターネット環境やPCなどの機材が必要です。

事前に環境を整備できるか確認しましょう。なるべく家族が環境を整えることが理想です。

とはいえ、PCなどの機材があることで、学習以外の誘惑も増えることになります。そのため、機材を用意する際には何のために用意しているのか共有し、「勉強以外の使用はなし」などの決まり事を決めることが大切です。

こういった注意点を考慮し、オンライン予備校を効果的に活用しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、大学受験に対応したおすすめのオンライン予備校をご紹介しました。

オンライン予備校は「映像授業」「LIVE授業」「個別指導」などさまざまな指導形式があります。また、コーチング面談や質問対応など、サポート体制もさまざま。
最終的に自分に合っているかどうかは無料体験授業などを通して確認しましょう。

なお、オンライン予備校は対面でのサポートがないため、コーチングなど一人ひとりに適したサポートがあることがおすすめです。

アガルートの学習コーチングでは、毎日生徒の進捗をヒアリングし、学習指導を行います。オンライン指導でも万全なサポートを行うことで、安心して学習に取り組めます。

1週間の無料体験を行っていますので、ぜひこの機会にお試しください。

関連コラム:オンライン塾おすすめ8選!安いのは?料金一覧と選び方を紹介

アガルート学習コーチング

毎日プロコーチが学習進捗を把握、オンライン上でマンツーマン指導

無料受講相談で1人1人に合わせた学習計画を作成します!

学習コーチングとは?何がいいのか、1週間の無料で体験してみよう!

安心の月謝制・入会金なし