勉強法・高校

高校生が英語の成績を上げるために知っておきたい勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

高校の英語は、中学の頃と同じように勉強しているとなかなか結果につながらず、どうやって勉強を進めれば良いのか迷ってしまいますよね。

実は高校生が英語の成績を上げるためには、知っておきたい勉強法があるんです。

この記事では、高校生が英語の成績を上げるための勉強法をご紹介します。

ぜひ学習の参考にしてください。

毎日コーチが進捗をヒアリング

正社員のコーチが担当

中学生・高校生の勉強のお悩みを解消

安心の月謝制・入会金なし

高校生が英語で点数を取るための勉強法とは

高校生が英語を勉強する目的は、大きく「定期テスト」と「大学受験」のために分かれますが、大学受験で結果を出すためには、まず定期テストの点数を上げることに目を向ける必要があります。

結論から言うと、英語のテストの点数を上げたいなら「長文問題を解く力」を高めることが最も重要です。

しかし、長文問題を解くためには、英単語を覚える、文法を理解するなどの基礎的な知識が必要不可欠。

そのため、高校の英語の正しい勉強法は、「英単語・文法・長文の順に勉強していくこと」だということを知っておきましょう。

具体的にはそれぞれどのように勉強していけばいいのか、次で詳しく説明していきます。

英単語の勉強法

あなたは英単語を何語覚えていますか?

学習指導要領では、中学3年生までに約2,000~2,500語、高校に入るとさらに2,000~2,500語の英単語を覚えなければならないと定められています。

つまり、高校の英語の問題を解くためには4,000~5,000語の単語の意味を知っておくべきで、単語を知らないとそもそも本文が読めない、ということになってしまいます。

英単語は必ず覚えましょう。

繰り返す

英単語を覚えるために必要なのは「繰り返し」です。

例えば単語帳の各ページに単語が10個ずつ書かれていたら、1回目で5つ、2回目で3つ、3回目で残りの2つを覚える、といった具合に同じところを何度も読んで、徐々に単語を覚えていきましょう。

1回で完璧に覚えることは不可能なので、何度も繰り返すことが大切です。

音読する

「音読」も英単語を覚えるのに非常に効果的です。

言葉は音と一緒に覚える方が頭に定着します。

意識せずに見ていたCMのフレーズを知らない間に覚えてしまった、という経験がありませんか?

単語帳を声に出して読んだり、CDやアプリを活用したりしながら、音と一緒に単語の意味を頭に定着させましょう。

最終的には、英単語を見た瞬間に意味が頭に浮かぶまで覚えることが理想です。

文法の勉強法

文法は文章の土台です。

文法を理解していなければ、長文問題は解けません。

基礎から徹底する

あなたはSVOやSVCなどの5文型、分詞構文や関係代名詞などをきちんと説明することができますか?

実は、文法は“なんとなく”覚えている方がほとんど。

文法は、しっかり基礎から学ぶことで周りと差がつき、テストの点数につながります。

ある程度理解したら問題演習をする

文法は丸暗記してもそのまま問題に出ないので、実際に問題を解いていくのが一番良い勉強法です。

スポーツでも同じですが「知ってる」と「できる」の間には大きな壁があります。

理解したつもりでも、実際に問題が解けないと意味がありません。

ただし、複数の問題集をこなしても、できる問題ばかり解いて出来ない問題をそのままにしてしまうことが多いので、1冊の問題集を完璧と言えるまでやりこむのが正しい文法の勉強法です。

長文の勉強法

冒頭でも説明したように、英語の成績を上げるためには長文を解く力が最も重要です。

高校の英語のテストは長文の配点が高いため、長文を解く力が高まればテストの点数も自然と上がります。

長文は以下のポイントを意識して学習しましょう。

構文を理解する

英語において読解力を高めるためには「構文」の知識が必要です。

「読解力」とは「文章を理解する力」のことを指します。

何が書かれているのか理解できないと、問題は解けませんよね。

構文とは、文章を作る上で必要な“型”のことを指し、この型に単語や文法を当てはめて、初めて文章が成り立ちます。

例えば、日本語で考えてみても、「私・花・好き」という単語を「私は花が好きです。」と並べられるのは、文章の「型」を知っているからなんです。

英語でも構文を学ぶことで、英文の中で実際に単語や文法がどのように使われているのかを理解できるので、英文読解力が飛躍的に高まります。

「単語を覚えて文法も理解したのに長文が読めない、問題が解けない」と言う方は構文の知識が不足しています。

構文も問題集がたくさんあるので、文法と同じように1冊をやりこむ形で勉強しましょう。

実際に問題を解く

「長文は読めたけど、問題の意図がわからなくて解けなった」では点数につながりません。

長文問題は穴埋め、並び替え、英文和訳など、ある程度問題の型が決まっているので、実際に問題を解いて慣れることが重要です。

また、解いた後の見直しに時間をかけることを意識してください。

なぜ自分は間違ったのか、どうすれば次は間違わないのか、正解した問題はなぜ正解できたのか、など常に“根拠”を説明できるまで見直しを行いましょう。

長文も音読が重要

長文は「意味のわかった英語」を音読することが大切です。

英語の成績が良い人には「英語を読むと同時に日本語の意味がわかる」ということが共通しており、意味のわかった英語を音読することで、英語と日本語を同時に理解する力がつきます。

また、英語を聞き取って書き出す「ディクテーション」や、読まれた英文を追いかけるように自分も同じ文章を読み上げる「シャドーウィング」も効果的なので、ぜひ実践してみてください。

まとめ

高校の英語の成績を上げる勉強法は、「英単語・文法・長文の順に勉強していくこと」です。

ですが、勉強方法を知っても、いざ一人で進めるとなると、どうしても不安になりますよね。

そんなときは友達や学校の先生に相談してみましょう。

それでもわからない、友達や先生などに聞きづらいという方には、オンラインで学校の勉強の相談ができるようなサービスを利用するのもおすすめです。

アガルートの「コーチング」では、学習コーチが毎日の勉強の進捗確認や週に1~2回の個別指導を受けることができます。

一人で悩むのではなく、一緒に英語の成績を上げていきましょう。

毎日コーチが進捗をヒアリング

正社員のコーチが担当

中学生・高校生の勉強のお悩みを解消

安心の月謝制・入会金なし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る