費用

境界確定測量の費用相場はどれくらい?金額と内訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「境界確定測量は、いくらかかるの?」

何らかの理由で境界確定測量が必要になった方にとって、いちばん気になるのは費用ですよね。

目安となる相場がわかれば、計画や準備もしやすくなりますよね。

さまざまな例を知る土地家屋調査士が、みなさんの参考になればとまとめてみました。

境界確定測量費用の相場

境界確定測量の費用は、大きく2パターンに分けられます。

ひとつは、民民立会いとよばれる官地との立会いが不要なパターン。
もうひとつは、官民立会いとよばれる官地との立会が必要なパターン。

費用相場は、
民民立会いの場合 約30万円~50万円
官民立会いの場合 約60万円~80万円

となっています。

とはいえ、「民民」と「官民」が何を指すのかよくわかりませんよね。

まずは、そういった違いがあることだけ覚えておいてください。

なぜ相場や目安にばらつきがあるのか、つぎの章でくわしく見ていきましょう。

境界確定測量費用の相場にばらつく理由

まず先に安心していただきたいのが、費用にばらつきはありますが、いろいろ違いがあっても依頼者の手間はあまりかわりません。

土地家屋調査士などの専門家が知識や経験をもとにさまざまな手続きをします。

なぜ境界確定測量費用の相場にばらつきがでるのか、その理由を紹介します。

【民民立会い・官民立会いとは】

まずは境界確定測量で費用に差がでやすい、民民立会いと官民立会いとの違いについてです。

立会いとは、となりの土地の所有者と境界の位置を確認しあうことです。

境界立会いともいいます。

⑴民民立会い

民民立会いでは、役所との境界立会いがなく、民間同士での立会いです。

となりの方との予定が合い、同意がもらえればスムーズに進みます。

⑵官民立会い

官民立会いでは、役所との境界立会いがあります。

役所との境界立会いがある官民立会いは、役所に提出する図面や書類が多く、何度も打ち合わせが必要だったりするので、より手間がかかります。

また、役所のペースで進むので、確認してもらえるまでの時間も多くかかります。

よって、官民立会いはより多くの費用がかかるのです。

【隣地所有者】

となりの土地の持ち主によっても、費用に幅がでます。

⑴役所

役所といっても、その中身はさまざまです。

たとえば道路と水路と公園がとなりにあったら、管理する役所が国、都道府県、市区町村とそれぞれにわかれている場合もあります。
それぞれに合わせた書類や手続きが必要です。

⑵多数の隣地所有者

接する土地の数が多ければ、それだけ持ち主の人数も多くなります。

人数が多ければ、費用が上がりがちです。

⑶土地の持ち主が遠方に住んでいる等やりとりに時間がかかる

となりの土地の持ち主が近くに住んでいればよいのですが、遠くに住んでいてなかなか連絡がとれない場合もあります。

持ち主が亡くなっていれば、その土地の事情をよく知らない相続人とやりとりをする必要があり、ときには相続人がどこにいるのかわからないことも。

専門家があの手この手で何とかしますが、手間ひまがかかり費用に差がでます。

【土地の特徴】

その土地の特徴によって、費用にばらつきがあります。

⑴面積、形状

土地の広さ、形、見通しのちがいにより測量の労力に差がでるので、費用がかわります。

⑵立地、地域性

都市部よりも郊外のほうが費用がかからない傾向にあります。

もっとも、都市部の土地は価値が高いので、価値に見合った費用です。

地域によって立会いのやり方が違う場合もあります。

やり方が違えば、費用もかわります。

【その他】

これらのほかにも、費用のばらつきの理由はたくさんあります。

境界確定測量費用の相場や目安にばらつきがある理由をまとめると、

・シンプルにスムーズに進むと費用は低め
・複雑で手続きに時間がかかると費用は高め

となります。

境界確定測量にかかる費用の内訳と期間

境界確定測量は、おもに土地家屋調査士がおこないます。

境界確定測量の内訳を、流れとともに作業、期間、費用とみていきましょう。

(0)見方
誰が(→誰へ)
期間:目安です
費用:目安です

(1)境界確定測量の依頼
期間:1~2日
依頼者→土地家屋調査士

(2)資料、必要書類の提出
依頼者→土地家屋調査士
期間:約1週間
費用:役所の証明書手数料

(3)事前調査(資料調査・現地調査)
土地家屋調査士
期間:1週間~2週間
費用:6万円~12万円

(4)現況測量
土地家屋調査士
期間:1週間~2週間
費用:7万円~15万円

(5)境界立会い、境界標設置
土地家屋調査士・依頼者・隣地所有者
期間:平均1ヶ月
費用:境界点確認 1点あたり3万円前後 境界杭設置 1点あたり3万円前後

(6)図面・書類作成
土地家屋調査士
期間:約1ヶ月
費用:3万円~10万円

(7)登記申請
土地家屋調査士→法務局
期間:2週間~1ヶ月
費用:4万円~8万円

境界確定測量が終わったら、確定測量図をつくれるので、隣地所有者から境界確認書に署名捺印をもらって、登記が終わったら完了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

監修:中里ユタカ

土地家屋調査士・測量士補試験・行政書士試験・宅建士試験にすべてストレートで合格。


土地家屋調査士実務とアガルートアカデミーでの講師業を両立させている。


お問い合わせはこちら